川岡大次郎 公式ウェブサイト川岡大次郎 公式ウェブサイト

SEARCH THIS SITE.
LATEST WORDS & MESSAGE
RECENT COMMENT
遊星ブンボーグの接近
遊星ブンボーグの接近
川岡大次郎公式ウェブサイト
川岡大次郎公式ウェブサイト
川岡大次郎オフィシャルブログ
だいじろーの何か?
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS
<< vol.89   ポジティブマン | main | vol.91   NEET >>
スポンサーサイト
【-】

一定期間更新がないため広告を表示しています

vol.90   秋素
メッセージ

10/18/2004

秋。

吸い込む空気が乾いてきた。
精一杯吸い込むと、メチャメチャ美味しい。
皆も一度、大きく空気を吸って、一粒一粒空気を味わってみて。
きっと空気の中に、酸素や窒素に混じって、
秋にしか発生しない謎の成分が何%か含まれているからだよ…。

空気が美味しいと言えば、最近、自分の中のある変化があった。
ここ連日、食欲の秋という言葉に便乗し、旨いモンを食べる機会に恵まれている。
寿司、焼き肉、鉄板焼き、懐石、中華、イタリアン…等を一流の店で食していると、
昔より自分の味覚が鋭くなってきている事に気がついた。
要はグルメになりつつある自分がいた。
ホント、一昔前まで、”腹に入れば何だってイイ!”感じで、
スピード重視のガッツいた食事になりがちだった。
が、今は量から質へ。早から遅へ。
”せっかく腹に入れるんならイイ物を入れようよ”に成りつつある。
「贅沢な事仰ってんね〜。」と仰る方、ちょいお待ち。
大人な食べ方の本質、
つまり、食事を楽しむ事が、最近ようやく分かってきたという事。

今時の子供の食事事情について、TVでやっているのを見て驚いた事がある。
「エ〜。食事?何か最近、噛むのとか面倒くさいし〜。どーでもいい。」
何とこの子は、噛むのが面倒くさいから食事をあまり取らないらしい。
「おいおいっ。そのうち死ぬぞっ。」と思わずつっこんだ。
食事は生きる事と密接に繋がっている。
たとえ、サプリメントやプロテインだけで栄養補給が十分可能だとしても、
”食事をする”という行為が無くなれば、人間として成さない気がする。
そこには決して栄養補給だけではない、様々な要素が詰まっている。

一人の食事の場合は、極力、自炊するようにしている。
疲れていて、外で買った弁当とかにする場合も、みそ汁だけは作るように。
それって、面倒くさいかもしれないが、一番身近なクリエイティブな作業だと思う。
一つ一つの食材では食べる気もしない物が、自分のイマジネーションを働かし、
切って、混ぜて、炒めて、味付けして、想像もし得なかった美味しそうな物になる。
2人以上の食事の場合は、作る行為を省いても、
食事をする事自体に更に意味は深くなる。
美味しい物を交えながら、お互いのコミュニケーションをとり、
そこから生まれる会話に一喜一憂し、それぞれの思いを馳せる。
気心しれた仲間となら、酒も進み、何も隠さずいれるその時間が至福の時となる。
人間の食べてる姿が、一番無防備って言うモンだ。

そんな素敵な時間をくれるのは、”食事”というキッカケ。
”噛むのが面倒くさい”というのは断る理由になりませんぞ。
ダイエット中の方は、そんな理由でもいいから食欲を抑えたいと思うでしょうが、
それは秋が許してはくれませーん。

秋には、秋にしか発生しない謎の成分が空気中に混じっていて、
空気を美味しく感じさせます。
その仕業で、舌の味覚が鋭くなり、食欲を掻き立てます。

そんな理由で、今度、一緒に食事でもどう!?


P.S.
見ろ!これが寿司のBIG3だ!(ウニ・イクラ・トロ≒たけし・さんま・タモリ)
スポンサーサイト
【-】